【大人の出会いノート】
シングルマザー

シングルマザーとつき合いたいなら生活の実情も知っておこう

-300x225 シングルマザーとつき合いたいなら生活の実情も知っておこう

このサイトを見てくれる人はシングルマザーと付き合いたいと思っている人が多いと思います。恋人としてつき合いたいのか、いい人がいれば結婚まで考えているのか、あるいは割り切った関係のセフレなのか、望む形は色々あるでしょう。シングルマザーと一口で言っても年齢も収入も元夫のとの関係や子育てを手伝ってくれる家族の存在もまちまちです。人それぞれなので実際につき合ってみないことには分からないことが多いのは確かですが、一般的にシンブルマザーのおかれている状況を知ることも大事なのではないでしょうか。そこで一般論として言われているシングルマザーの実情についてご紹介することとします。

スポンサードサーチ

シングルマザーの平均年収は243万円!

-300x225 シングルマザーとつき合いたいなら生活の実情も知っておこう

厚生労働省による2016年度の調査結果(「平成28年度 全国ひとり親世帯等調査」)によるとひとり親の世帯年収は、母子世帯で243万円、父子世帯で420万円です。世帯年収には0歳児から中学修了前までもらえる「児童手当」や片親の世帯がもらえる「児童扶養手当」、別れた元夫からもらえる養育費も含まれているので就労によって得た収入は200万円となります。

シングルになってから仕事を探すのはかなり難しい

-300x225 シングルマザーとつき合いたいなら生活の実情も知っておこう

あまりの少なさにびっくりしたのではないでしょうか。あくまで平均なので独身のときから正規職員として働き、出産、そして離婚後も同じ仕事を続けている人は年相応の就労所得を手にしています。シングルマザーの収入が少ないのは夫の収入に頼って生活していた人が離婚後働きに出るケースが多いためです。小さな子供を育てながら正規職員として採用されることはほとんどありません。特別な資格でもない限り、パートの仕事しかないでしょう。面接に行っても「子供が熱を出したらどうするんですか?」と必ず聞かれます。パートであっても勤務中に子供の都合で退勤しなくてはならない状況ではまず採用してもらえません。親と同居するなど子供の面倒を見てくれる人がいたとしてもフルタイムで働くのは難しい人が多く結果としてシンママの所得は少なくなってしまうのです。

養育費をもらっているのは離婚した夫婦の2割にとどまる

-300x225 シングルマザーとつき合いたいなら生活の実情も知っておこう

離婚するときに「養育費を毎月5万円払う」と決めていても月日が経つと元夫にも新しい家族が出来たりしてその支払いが難しくなることも珍しいことではありません。シンママとしても事情は分かるので理解を示します。それでもお互いの事情を考慮してあげられるほど円満な関係が続いているなら離婚後も父親が何かと協力してくれることが多いです。ですが実際に養育費の支払いを受けているのは離婚した夫婦全体の2割ほどにとどまります。これは日本では文化的に裁判離婚が浸透しておらず8割が本人同士の話し合いによる協議離婚であることも影響しています。子供の養育のことを考えると裁判所で手続きを取って公的な書類を残しておいた方がよさそうです。また夫のDVから逃れるために連絡先を知らせたくない場合には離婚後の話し合いすらできないことがほどんどですから当然養育費の支払いはありません。

親と同居するのも楽ではない

-300x225 シングルマザーとつき合いたいなら生活の実情も知っておこう

たった一人で子供を育てなければならない人に比べると親と同居するなど子供の面倒を見てくれる人がいるのは大助かりです。運よく保育所に預けることができたり、小学校に通う年齢になっていたとしても食事や身の回りの世話などするべきことは尽きることがありません。一人だと仕事から疲れて帰っても家でやることがたくさんあり、また仕事の話や育児の大変さなどを聴いてくれる人もいないのでストレスのはけ口すらないのです。だから親が助けてくれるというのはありがたいことこの上ないと感じることでしょう。だけど親との同居は楽なことばかりではありません。自分も親も年をとって体力がなくなってきます。子供も年齢を重ねていくと祖父母との関係が難しくなります。親の介護の問題も出てくるかもしれません。独身時代に実家暮らしをしていた頃とは明らかに状況が違うのです。

それでも何とか生きていくことができる世の中

-300x225 シングルマザーとつき合いたいなら生活の実情も知っておこう

本当に生活に窮している人はもちろんいますが、そうなれば生活保護を受けるという方法もあります。今の日本はどんな状況でもなんとかして生きていけるようにはなっています。平均年収は母子世帯で243万円ということですが、あくまでひとり親の母親世帯の平均です。親と同居していたら状況は異なります。親がまだ働いているなら生計を共にできるからひとり親世帯からは外れます。親の年金に頼っている場合も同じです。母子世帯で母親の就労所得が200万円しかなくても「児童手当」や「児童扶養手当」があればなんとか生活していくことはできるのです。ただし手当は子供が18歳になるまでだから、このままの年収であれば困ることになるのですが…。

出会い系に登録する女性は少なくとも時間とお金のやりくりができている

-300x225 シングルマザーとつき合いたいなら生活の実情も知っておこう

シングルマザーと一口に言っても状況は人それぞれです。手の離せない乳飲み子や幼児を抱えている人もいれば、中学生や高校生といったある程度一人で時間を過ごすことのできる子供と生活している人もいるのです。子供が大きければ自由時間はたっぷりあるわけです。お金に関しても正規職員で働きある程度収入を確保している人もいれば、親と同居するなどして自分の自由になるお金をそれなりに持っている人もいるわけです。シングルマザーの一般的な実情を知ることは必要ですが、出会い系に登録しているなら時間とお金に関してはきちんと管理できている女性である可能性が高いのであまり心配する必要はないでしょう。中には援助を目的に出会い系に登録する人もいますが、メッセージのやり取りをする中でだいたいは分かってきます。

男性と知り合いたいから出会い系に登録している

-300x225 シングルマザーとつき合いたいなら生活の実情も知っておこう

どんな付き合いを求めているかは人それぞれですが、男性と出会いたくない人はそもそも登録なんかするはずがありません。ですからきちんとプロフィールを書き、ちゃんと挨拶してやり取りをスタートさせることで女性と出会える確率が高いのが出会い系の特徴です。特にシングルマザーで出会い系の登録する人は子供を育てながら社会の中で責任を果たしてきた人が多いので人間として魅力的な人が多いです。だから出会って話をするだけでも楽しいと思います。出会い系といえばどうしても性的な欲望を満たすことが前面に出てくる印象はぬぐえませんが、基本的に人と人なわけですから誠実な付き合いをはじめていけばいい関係に発展するのではないでしょうか。もちろんセックスありきの関係を否定するわけではありません。男女がお互いの交わりを求めるのは当然のことです。

シングルマザーであることをどこまで話題にすればいいのか

-300x225 シングルマザーとつき合いたいなら生活の実情も知っておこう

シングルマザーといっても一人の女性です。だからシングルマザーであることを忘れることのできる会話を勧めるサイト見かけます。確かにそれも一理あると思います。シンママであることを隠して登録し、何かのきっかけでたまたま分かった場合は本人があんまり知られたくないと思っていることもあるので、その部分には触れないようにした方がいいかもしれません。だけどシンママを前面に出してやり取りをしているような場合実際に会ったときに子供の話をしても差し支えないでしょう。もちろんプライベートな部分なので「聞いてもいい?」と配慮はしてあげてください。信頼関係ができてきたら自分から子供の話をしてくるかもしれません。その時はちゃんと聴いてあげましょう。何しろ人生の多くの時間を子育てに費やしてきたわけですから、子供の話題はメインになるはずです。深刻にならず楽しい話題として子供の話ができれば会話も盛り上がるはずです。