【大人の出会いノート】
セックス

処女もしくはセックスに抵抗のある女性を導く方法

-300x225 処女もしくはセックスに抵抗のある女性を導く方法

処女とやるなら自分が気持ちよくなろうとしてはいけません。相手の女性が気持ちいいか、少なくとも痛くなく、安心してあなたとつながりあうことを目的としてセックスをするのです。初めて男性を受け入れるというのは不安だし、まず間違いなく痛がるものです。だから安心しあなたを受け入れて、ことを終えセックスが嫌いにならないよう、できればセックスが好きになるように導いてあげなければなりません。責任重大なのです。過去の男性経験の中で痛いセックスしか経験していない人の場合、処女以上に抵抗があるかもしれません。その場合も処女と同じようにあるいはそれ以上にていねいにしてあげて、これからは安心してあなたとのセックスを楽しめるようにしてあげたいものです。今回は処女あるいは抵抗のある女性とのセックスを成功させ、その先の人生においてセックスを楽しめるようになるための方法について考えてみます。

スポンサードサーチ

実際はセックス未経験の女性も少なくない

週刊誌などの情報により10代もしくは20代前半でセックスを経験している女性がほとんどであるかのような錯覚を持ってしまいますが、実際には30歳を過ぎても男性経験のない女性も珍しくありません。そういう女性と付き合った男性は彼女にとって初めての男性となるわけです。ずっと付き合って行くにしても、何らかの事情で別れてしまうにしても初めてのセックスの相手は一生思い出に残ります。またセックスとはこういうものだと脳にインプットされるので最初の男性の責任は重大なのです。

セックスよりもそこに至るプロセスが大事

-300x225 処女もしくはセックスに抵抗のある女性を導く方法

男性経験がないというのは話しているとなんとなくわかります。「つき合ったことがない」ならほぼ間違いないし、はっきりと言ってくれることもあるでしょう。処女願望のある男性のために嘘をついていることも考えられますが、それは考慮しなくてもいいでしょう。彼女が処女を喪失したくて男性を求めている場合は早めにセックスをすることになりますが、そうではなくてつき合った女性がたまたま処女だった場合にはデートを繰り返し、男性である彼氏のことを受け入れる準備が必要となります。いずれにしても処女の場合、膣が固くなり濡れにくくなっている可能性が高いです。いざことに及ぼうという段になってていねいに愛撫をしても緊張感の方が優先されてあそこが濡れず、結局挿入すらできないということが大いにありうるのです。そうなれば男性としては残念だし、彼女はショックを受けて次のチャンスをうかがうのが難しくなります。そのような事態にならないためにもいざことに及ぶ、その前段が大事になってきます。つき合っているならデートを楽しみ、手をつないだり、キスをしたり、抱きしめたりというプロセスです。セックスはおろか男性とつき合ったことすらないのですから、手をつなぐのもドキドキのはずです。メールやLINE、電話をすることすら恥ずかしさでいっぱいかもしれません。そういう中学生みたいな恋愛のドキドキを楽しむことがセックスのときにうまく行くために必要になってくるのです。ドキドキワクワクしているときはエネルギーが高くなっています。体温はやや上昇し、心拍数も上がっているはずです。心理的状況が体に影響を与えるので彼女の膣は少しずつ柔らかくなります。

愛撫はセックス当日だけじゃなく何日も前から始まっている

セックスをする当日に愛撫によって柔らかくするのではなく1か月ぐらいかけて徐々に柔らかくするのです。時間はかかりますが本当に彼女が好きなら楽しいプロセスですよ。男性経験はなくても当然女性としての本能は備わっています。近い将来男性を受け入れることになるかもしれないことは予測できるので体がその準備を始めるわけです。一人で家にいる時間も彼のことを考えると胸がキュンとなります。恋心は体に影響を及ぼすので膣が濡れやすくなるのです。長い間男性を受け入れたことのない膣は固く乾燥しています。10代、20代の潤いのあったころはそんなことがなかったけど、成人して運動をする機会も減り新陳代謝が低下してきて、さらにセックスの経験もなく、このまま男性とつき合うことなく一生を終えるかと考えている女性の膣は乾燥してカチカチになっているのです。それがひょんなことで彼氏ができて、週末はデートで出かけるようになると気持ちがガラッと変わります。彼のためにおしゃれをしたり、楽しい話をしようと脳が活発化します。出かけて歩く機会が増えるので運動量も増します。お風呂に入ると近々抱かれるのかと思いながら自分の裸を見ます。わき毛の処理にも気合が入ります。そんな中でファーストキス。ドキドキはマックスに向かいます。抱きしめられて処女喪失は目の前です。ここまで来たら焦りが禁物。彼女だって早く喪失したいのですから。その日が生理だとできないし上手に断れないので「今日大丈夫?」と聞いてあげましょう。「気持ちの準備ができていないのでまた今度」はたいてい生理です。生理が終わったら彼女の気持ちの準備も整っています。今度こそ間違いなくできるでしょう。1か月あれば彼女の体もかなり変化しているので濡れやすくなっています。

いよいよ結ばれる日

-300x225 処女もしくはセックスに抵抗のある女性を導く方法

デートを楽しく気持ちよくすることはもちろんです。食後なら2時間は時間をおいて苦しくないようにしておきます。ラブホテルに行くのか彼の家でするのか、あるいは旅行先かは分かりませんが、そこにたどり着くまでにお互いドキドキしていることでしょう。部屋に入るまでに手をつないで何度かキスをして彼女の緊張をほぐしてあげます。もう気持ちの準備は整っているのでその点での抵抗はないでしょう。リラックスできるムードを作ってあげましょう。抱きしめたら髪の毛をなでる、頬ずりをするほほにキスをする、口づけをするなどじっくり時間をかけます。肩や背中に触れながら自然に胸に手を伸ばします。男性に触れられるのは初めてのはずです。恥ずかしさと緊張のマックスで汗ばんでくるかもしれません。ここでもリラックスできるよう優しく目を合わせて微笑んであげます。手を握ることも効果的です。服の上から胸に触れ顔をうずめたらベッドに寝かせてあげます。どのタイミングでシャワーを浴びればいいのかもわからないので後で浴びようと伝えます。初めてで恥ずかしいので無理に一緒に浴びなくてもいいです。浴びるタイミングは服の上からの愛撫が終わった後か上半身裸になったぐらいがいいかもしれません。トイレに行きたければ行くよう促してあげることも大事です。我慢しながらでは楽しめませんから。シャワーの後は少しリラックスして何か話してあげましょう。水か何か飲んでもいいです。きっとカラカラになっているはずですから。シャワーの前に膣は濡れ濡れになっていたとしても浴びた後は少し収まっているのが普通です。もう一度時間をかけて愛撫をします。処女じゃなければペニスも愛撫してほしいところですが最初からハードルを上げない方がいいです。抵抗がなければ「触ってみる?」と聞いてもいいでしょう。意外と触りたかったりするものです。胸に触れムードがさらに高まり彼女が興奮してきたらさらに続けます。焦って膣に手を伸ばすのを早まってはいけません。十分に濡れるのを待つのです。

まずは体の触れ合いが気持ちいことを脳にインプットする

-300x225 処女もしくはセックスに抵抗のある女性を導く方法

経験済みだけど抵抗のある女性は過去に濡れていないのに無理やり入れられて痛かったなど、セックスに対してマイナスの感情を抱いています。自分でも子工夫したいと思っているので手伝ってあげなくてはいけません。処女もそうだけど、まずは挿入以前の触れ合いが気持ちいということを脳が感じるよう導くことです。手に触れ、キスをして、裸になって抱き合うことが気持ちいいことを体験するのです。彼女のセックスに対するマイナスイメージが強い場合は裸で抱き合うことだけでもいいのです。男性としてはちょっと辛いけど、まずは裸で抱き合う。裸のまま抱き合って布団をかけて眠ってしまってもいいくらいです。それが安心して気持ちいいということ脳が認識するまで徹底して行うのです。その覚悟があればたいていの場合、もう少し先まで進めます。裸で抱き合うことに慣れてきたらいよいよ膣に手を伸ばします。しっかりと濡れていることを確認してください。クンニは処女の場合恥ずかしさが半端ないのでお勧めしません。まずは指だけで十分でしょう。キスや胸への愛撫を同時に行うことで恥ずかしさが和らぎます。膣やクリトリスへの愛撫も時間をかけてじっくり行います。ここでも焦りは禁物です。これだけ十分ていねいに行ってきたらペニスを握ってもらっても大丈夫です。そっと触れてもらいます。触れられたら気持ちがいいことを伝えます。言葉でもいいし、微笑むことでも伝わります。彼女も気持ちよくしてもらうだけでなく、あなたを気持ちよくさせてあげるという喜びを感じてもらうのです。彼女もあなたのペニスを握ることで余裕がでてくるかもしれません。完全に受け身だと意識が滞りやすくなるけど、体のコミュニケーションが双方向になることでエネルギー交換が行えるのです。

いよいよ挿入!ついに処女喪失のときが来た

-300x225 処女もしくはセックスに抵抗のある女性を導く方法

お互い陰部への愛撫を楽しんだらいよいよ挿入です。コンドームはちゃんとつけましょう。処女喪失で妊娠は望まないはずですから。「つけるね」と言えば彼女もいよいよだと分かります。安心しきっているので「うん」と答えるでしょう。きっとかわいいので表情を見逃さないようにしましょう。もう一度濡れていることを確認し、不十分ならローションを使います。繰り返しますがあなたが気持ちよくなることでなく、彼女が安心してあなたを受け入れることが目的です。射精できなくても仕方がない覚悟で挑んでください。まずは先っぽだけ入れます。彼女に「痛くないか」を確認します。痛くなくてもいきなり全部入れないようにします。先っぽだけゆっくりと出し入れしてみます。30秒から1分ぐらいして問題なければゆっくり入れます。ここで痛がることが多いです。決して腰を動かしてはいけません。痛い場合でも十分濡れていたら奥まで挿入できることがあります。今日はここまでの覚悟は必要です。ただしすぐに抜く必要はありません。彼女の膣があなたのペニスの形に慣れるまで時間がかかるのです。これは処女じゃなくても同じです。挿入したまま二人で抱き合いましょう。ただくっついているのです。これにより彼女は安心します。体格差がある場合体重をかけすぎないよう注意してください。動かしても痛くない場合にはゆっくり動きます。処女膜が破れるときに出血をする人もいますので、その場合今日はそこで打ち止めです。痛さをインプットされたら次はないと思ってください。その日の気持ちよさを選ぶのか次回につなげるのかの分かれ目です。

射精にこだわらず次のチャンスをゲットする

射精をしないと決めたならそのまま抱き合い続け、彼女に感想を聞いてきてください。「思ったほど痛くなかった」とか「怖くなかった。こんなに優しくしてくれてうれしい」という言葉を聞けたら大成功です。髪の毛をなでたりキスをしてあげてください。彼女が抵抗なく自分を受け入れてくれたことがうれしかったらそのことを伝えましょう。長い勃起をして射精をせずに終わると男性は違和感が残ります。痛みも感じるのでシャワーの前に手で抜くか家に帰ったらすぐに抜きましょう。あるいはその場で彼女に手伝ってもらうことで愛が深まるかもしれません。もちろん処女でもしっかり濡れていたら射精しても構いません。だけどあくまでそれは目的ではないことを覚えておいてください。

ちゃんと挿入できてそれが気持ち良ければ自信になる

彼女だって処女を喪失できたことはうれしいのです。久しぶりのセックスで抵抗なく男性を受け入れられた場合も自信につながります。次回はもっとスムーズになるので1回目の苦労が懐かしく思えるかもしれません。とにかく処女やセックスに抵抗のある女性に自信を持ってもらえたら次回、幸せなセックスライフが待っているはずなのでそれを楽しみにちょっとだけ男性は我慢をしてください。