【大人の出会いノート】
セックス

セックスの経験の浅い彼女にクンニを好きになってもらう方法

-300x225 セックスの経験の浅い彼女にクンニを好きになってもらう方法

セックスの経験が浅い彼女の場合、クンニの経験がないことがほとんどです。何度かセックスを重ねてもクンニは恥ずかしがってさせてくれない場合もあります。そんな時に無理をするとセックスそのものまで拒否することになりかねないので、まずはいったん引き下がりましょう。そして時機を見て改めて挑戦してみるのです。今回はセックス自体の経験が浅く、クンニはされたことがないか、されたことがあったとしても恥じらいの方が強くて抵抗のある彼女をクンニ好きにする方法をお伝えします。

スポンサードサーチ

男性側の奉仕の精神が何よりも大事

-300x225 セックスの経験の浅い彼女にクンニを好きになってもらう方法

この文章を真剣に読んでくださるあなたは相当なセックス好きのはずです。そして彼女とのセックスをより気持ちよく楽しいものにしたいとお考えではないでしょうか。彼女がクンニを気持ちよく感じで大好きになってもらいたいと願っているのですから、彼女思いの優しい男性であると推察いたします。あなたの思いを成就させるには今のお気持ちを大切にしてさらに彼女への方の精神を強く持つことです。彼女がクンニやセックスを今まで以上に好きになってくれたらあなたもより幸せになれるわけですから。クンニバージンあるいはそれに近い彼女をクンニ大好きな状態にまで引き上げよとするのは処女をセックス好きな女性にまで導くのと同じぐらいの労力がかかると覚悟をもって取り組んでみると意外とスムーズにいくかもしれません。

処女をセックスに導くよりは10倍楽

まあ処女を導くよりはもうすでにセックスを何度かしている彼女をクンニ好きにする方が楽なので心配する必要はないでしょう。ただ処女に対する思いやりとクンニ初心者を大好きまで引き上げる方法には共通点があります。それが極端な言い方をすると「奉仕の精神」なのです。つまり自分が気持ち良くなるより相手が安心して感じられることを優先することです。彼女が抵抗なくクンニを受け入れ、さらに感じ、欲を言えばクンニだけでイッテしまって、さらに終わった後も満足感を感じ、次回もやってほしいと思えるようなクンニをする必要があるのです。

クンニへの抵抗を少なくするためにもフェラをしてもらう

最初から激しいクンニは彼女の抵抗を強くします。だから初めのうちは軽く唇を触れて舌でちょっとクリトリスを触れる程度にしておきます。彼女にもペニスを握ってもらいできるならフェラもしてもらいましょう。彼女にフェラをしてもらうのは「お互いに相手が気持ちよくなることがセックスにとって大事なこと」を分かってもらうためです。いつでも受け身ではフェアじゃありません。とは言え基本は彼女が抵抗なくできるよう導いてあげることです。相手が気持ちよさを感じているとわかると嬉しいものです。それを彼女に感じてもらうことです。手を握ったり抱き合って体のぬくもりを感じ合ったりすることはうれしいものです。その続きで男性はペニスやに触れられると気持ちいいしうれしく感じることを彼女に分かってもらうのです。あなたの表情や言葉でそれは伝わります。それと同じで彼女のあそこに触れられることは本来気持ちがいいしうれしいものなのです。

ペニスに触れることで女性の意識が変わる

ただ女性によっては恥じらいの方が勝ってしまい、とても気持ちよさを感じるまでいかないわけです。人は自分に意識が向きすぎると自分の感情をコントロールするのが難しくなります。つまり「あそこに触れられている」ということばかりにとらわれて自意識過剰となるのです。そこであなたのペニスに手で触れることやフェラをすることで、彼女の意識が「自分の気持ち」から「あなたの気持ち」に向かうようシフトさせるのです。「自分がどう感じるか?」「あそこを舐められて恥ずかしい」から「私がペニスに触れることであなたが気持ちよく感じている」ことを感じてもらうのです。セックスの行為中に自分の気持ちに集中しそうになるところをパートナーである「あなたの気持ちや感じ方」に意識を向ける割合を少しだけ増やすことです。相手の気持ちに意識が向くことで「自分が恥ずかしい」と思う割合を少なくするのです。

ベースとしてお互いに気持ちのいいセックスを心がけること

-300x225 セックスの経験の浅い彼女にクンニを好きになってもらう方法

セックス中に相手のことを思う割合が少し増えることでお互いに気持ちいいセックスになってきます。彼女の中に相手を思いやる気持ちが芽生えてくると「彼が自分のあそこに触れる行為」は「自分が恥ずかしいor気持ちいい」だけではなく、「彼にとってうれしい行為」であることを感じられるようになるのです。男にとって好きな女性のあそこに触れることはとてもうれしいことです。また「彼女が自分とのセックスによって気持ちよくなること」は精神的な満足にもつながります。そのことを彼女に感じてもらいたいのです。彼が「私の大事なところに触れて、気持ちよくさせてくれようとしている」ことに対して幸せを感じてもらいたいのです。最初は少しずつで構いません。自分の中の恥ずかしさと闘いながら彼の気持ちを少しでも感じることができたらクンニを大好きになる第一歩が整ったと言えます。「恥ずかしいけど彼が一生懸命私を気持ちよくさせてくれようとしていることがうれしい」と感じてもらえたらこっちのものです。

気持ちいいクンニのためには雰囲気と前戯が大事

-300x225 セックスの経験の浅い彼女にクンニを好きになってもらう方法

クンニに抵抗のある状態から大好きまで持って行こうとするのですから1度や2度のセックスでは無理があります。時間をかけて徐々に導いてあげましょう。クンニのグレードを上げる前にキスや裸で抱き合うこと、おっぱいへの刺激などを好きなってもらうことが前提となります。ムード作りも工夫してください。ここまでのところがうまくいった前提で話を勧めます。まずあそこに手を触れることに対する抵抗を取る必要があるます。あそこに手で触れられると気持ちいいということを時間をかけて感じてもらいます。前戯によって感じているとあそこがぐちょぐちょに濡れているはずです。濡れが足りないときは前戯が足りないかもしれません。もっとたくさん愛撫をするかローションなどの助けを借りてもいいでしょう。とにかくいっぱい濡れるようにしてください。十分に濡れたら膣に指を入れたりクリトリスを刺激して彼女を感じさせます。息遣いや表情を確認しながら気持ちよくさせてあげましょう。

ゆっくり焦らないことがポイント

-300x225 セックスの経験の浅い彼女にクンニを好きになってもらう方法

呼吸が荒くなって汗ばむぐらい感じていたら口を近づけていよいよクンニ開始です。唇で触れたり舌を膣に入れたり、クリトリスを刺激しましょう。クンニ初心者の場合は軽くキスしたり、ちょっと舌でクリトリスを刺激してあげるだけでも十分です。とにかくクンニは気持ちがいいということを感じてもらわないといけません。そうでなければ恥ずかしいだけですから。クンニの気持ちよさを感じてもらうには舌でクリトリスに触れることです。軽く触れたりちょっと激しくなめてみたり強弱をつけましょう。1度ペロッとした後、数秒間隔をあけて舐めるもの効果的です。これは乳首を舐めるときにも使えます。クンニの時間や激しさは何度かセックスを重ねながら徐々に増やしていくといいでしょう。恥ずかしいけど気持ちいということを感じてもらって彼女の脳にインプットするのです。そして慣れてきたら、クンニだけ彼女がイクことにチャレンジしましょう。基本は膣に舌を入れることとクリトリスを刺激することです。前戯で十分濡れていたらクンニの時間を延ばすことでイク可能性は高くなります。

クンニとフェラを楽しむにはシャワーを浴びて清潔にすること

-300x225 セックスの経験の浅い彼女にクンニを好きになってもらう方法

おしっこのにおいがすると冷めてしまいます。だから始める前にはちゃんと洗いましょう。シャワーを浴びてからトイレに行くと当然においが残ります。だからお風呂やシャワーの前にトイレに行きましょう。男性もセックスの経験が浅かったり、冬場の寒い時期になるとシャワーを浴びた後にトイレに行きたくなることもあります。お互い慣れた関係なら「もう一度洗ってくるよ」と言えばいいだけなのですが、最初のうちは恥ずかしくて言えないこともあります。1滴でもおしっこが出てきたらにおいがしてセックス、特にフェラをしてもらう時には気になるものです。そうならないためにも風呂やシャワーの前にトイレに行きおしっこを出し切ることが重要になります。