出会い系サイト体験談【大人の出会いノート】
セックス

経験豊富な女性をクンニでイカせるには

-300x225 経験豊富な女性をクンニでイカせるには

「クンニがなければセックスと言えない」とまで言い切る彼女を何としても満足させたい!男なら経験豊富な女性でもイカせてみたいものですよね。経験豊富な彼女を気持ちよくさせるためには「相当なテクニックが必要では?」とビビるところですが、安心してください。実際クンニのテクニックと言ってもやれることは限られているので、その前の触れ方を工夫することによりクンニが生きてきます。そこで今回はクンニで彼女をイカせるためにできる工夫をクンニの前とクンニそのものに分けてお伝えします。

クンニだけでイカせるのはかなり難しい

-300x225 経験豊富な女性をクンニでイカせるには

相手が百戦錬磨ならよほどのテクニックがなければクンニだけで行かせることは困難です。クンニをはじめるまでに彼女を興奮させて、ヌレヌレ状態にしておかなければ苦戦を強いられます。あそこに触れるまでに十分なアドバンテージがほしいわけです。どんなに経験豊富でも初めての相手とセックスするのはもちろん、慣れている相手とのセックスでもあそこを舐めてもらうのは恥ずかしいものです。まずはその恥ずかしさを十分に生かして前戯を楽しみましょう

エッチをはじめる前に十分雰囲気を盛り上げること

-300x225 経験豊富な女性をクンニでイカせるには

手をつないだり肩を抱いたり、見つめあったりのムード作りは不可欠です。キスやディープキスもたくさんして、脱ぐ前に濡れるぐらいがちょうどいいです。おっぱいへの愛撫も十分に行います。手と口を使ってたっぷりと愛撫してください。あまり早く性器に手を伸ばさないことです。じらされた彼女が自分のあそこにあなたの手を誘導するくらいがいいかもしれません。彼女のあそこに手を触れてもいきなりクリトリスに触れてはいけません。おなかや太ももなど周辺から攻めていきます。彼女がこそばがりなら笑い転げてしまって、エッチな雰囲気から笑いに走ってしまうことがあるので気を付けます。その場合あんまりソフトに触れすぎないこと、彼女のこそばいウイークポイントを外すことでエッチなムードを保つことができます。徐々にあそこに近づいたら軽く指を入れます。まずは十分に濡れていることを確認してください。もしあまり濡れていないようならキスやおっぱいへの愛撫が足りないのかもしれません。あそこに触れつつももう一度キスやおっぱいへの愛撫を続けます。十分に濡れているなら少しずつ膣の中に指を這わせます。指で彼女を気持ちよくさせるコツとしてはディープキスやおっぱいへなどへの愛撫と同時に行うことです。彼女の感じ方を見ながら気持ちいいポイントを見つけていきましょう。指だけで呼吸が荒くなってきたり、体がピクッとなるような反応がほしいです。指の触れ方にも強弱が必要になります。いっぱい濡れているようなら少し強めの刺激も与えてみます。一番感じやすいのがクリトリスと膣の奥です。膣の奥は彼女が痛がらないよう十分に気を付けてください。焦って傷つけたらその日はセックスができなくなってしまいますから。

いよいよクンニ!周囲から徐々に攻めていく

-300x225 経験豊富な女性をクンニでイカせるには

手で触れるときと同じですがいきなり女性器に触れるのではなく周辺の太ももやお尻にも触れてみます。こそばさと紙一重なのでそこは様子を見ながらです。舐めるときも左右の大陰唇・小陰唇から触れます。舌を使ったり唇で優しく触れます。彼女が十分興奮してきたら膣の奥に舌を入れたりクリトリスに刺激を与えます。クリトリスを舌で舐めながら指で膣の奥を刺激したり、反対に膣の奥に舌を入れながら指でクリトリスを刺激するなどいろいろ試してみます。自分の体の向きは横から舐めてもいいし、彼女のお股を下から覗くようM字開脚してもらってもいいです。あるいは手でペニスを刺激してもらいながらしてもいいし69でフェラを同時にしてもらいながらでもOKです。ただし先にイカされないよう注意してください。ずっと舌を使っているとさすがに疲れてくるのでうまく休憩しながら攻め続けるのがコツです。舌を休憩させるときには唇で周辺に触れた指による刺激を織り交ぜます。りクリトリスを吸ってみるのも一つの方法です。クンニをする前に彼女を感じさせることができていたら、クンニによってさらに呼吸が荒くなり体のヒクヒクが激しくなってきます。そうなれば百戦錬磨の彼女だってイッテしまうかもしれません。いよいよイキそうになったらギアをトップに入れるときです。膣の中に舌を入れたり出したりしましょう。セックスをするときのような激しさで膣を刺激します。舌は短いのでペニスの半分も入れることはできませんが、舌はペニスより繊細に膣の中を感じることができます。膣の入り口や周辺のざらざらした部分も感じられるはずです。この辺りをペロペロしながら奥に入れていきます。クリトリスへの刺激も忘れないでください。舌の周辺の筋肉が疲れてきたら数秒の休息をとります。それでも攻撃の手を緩めてはいけません。口や顔の周りが彼女の愛液と自分の唾液でびちょびちょになりますが気にしていられません。ただ息をするのは忘れないでください。死んでしまいますから。

彼女の腰がヒクヒクしてきたらイク直前

ここまできたら百戦錬磨の彼女だってついにイッテしまうことでしょう。彼女の満足そうな顔を見れば舌の筋肉痛なんてどこかに飛んで行ってしまいます。例えイカせてあげることができなかったとしても相当気持ちいいところまで来ています。その時はペニスを挿入することにより2人でイクことができるでしょう。それでもまだいきそうになかったら腰を動かしながら指でクリトリスを刺激してあげてください。これでほぼ間違いなく彼女はイクでしょう。

どんなに慣れている女性でもクンニは恥ずかしいもの

クンニは気持ちよさと恥ずかしさが隣り合わせです。慣れていても初めての相手だったら照れるし、いつもの相手でもやっぱり恥ずかしいものなのです。女性の羞恥心に配慮した雰囲気作りは男性の役割でしょう。恥ずかしさを超えて気持ちよさを味わい、クンニそしてセックスが益々好きになれるようこの記事があなたのお役に立てれば幸いです。