【大人の出会いノート】
セックス

セックスチャンスを逃すな!断ると脳に癖がついてしまう

-300x208 セックスチャンスを逃すな!断ると脳に癖がついてしまう

タイプじゃない女の子とセックスのチャンスがあったら断ってはいけません。なぜかというとセックスの誘いを断ることが癖になり、本当にしたい相手とのセックスもできなくなってしまうからです。脳は現実と想像の区別ができません。セックスを断ると「断った事実」がインプットされ、頭の中で「断った」ということがリピートされて、断り癖、逃し癖がついてしまうのです。あなたがもし毎日のようにセックスのチャンスが訪れ、断らないと身が持たないというほどにオファーが来ているなら話は別ですが、月に何度かあるかどうかという程度なら訪れたチャンスはすべてものにしてください。今回はなぜせっかくのチャンスを断ってしまうのか、小さなチャンスを生かして大きなチャンスにつなげるための方法について考えてみます。

スポンサードサーチ

タイプじゃない女の子の誘いを断る理由

-300x208 セックスチャンスを逃すな!断ると脳に癖がついてしまう
①タイプじゃない女の子を抱いて、関係が続いてしまったら本命の彼女が現れたときに邪魔になると考える。
この理由が一番大きいと思います。典型的なモテない男の思考回路になっています。自分がモテないからやってきたチャンスに必死にしがみつこうとするので女の子だってそうに違いないと思い込んでいます。この意識を手放さないとチャンスは逃げていきます。モテる男は次々とチャンスがやってくるのでそんなことは考えません。一度関係をもっても次したくなければ上手に断る術も身につけています。とりあえず関係をもってそこから考えましょう。

②かわいくないのでやる気が起きない。
セックスをすることが大事なんです。訪れたチャンスは確実にものにすることが次のチャンスにつながります。よっぽど生理的に受け継ないなら無理にとは言いませんが、ある程度なら食べてしまいましょう。脳に成功体験をインプットし続けることを優先してください。

③友達関係が壊れるのが怖い
今までの関係ではなくなるでしょう。セフレになるか恋人になる可能性が高いです。関係が壊れたら共通の友達にも影響が及ぶので慎重にならざるを得ないのも理解できます。
だけど人間関係というのは常に流動的です。就職、転勤、結婚、出産などで簡単に変化します。毎日のように会っていた友達が数年に1回会うか会わないかの関係になることなんてざらです。そう考えたら女友達との関係が形を変えていくことがってもいいんじゃないでしょうか。

セックスのチャンスを断るのは危険

-300x208 セックスチャンスを逃すな!断ると脳に癖がついてしまう
①タイプじゃないと女の子を選別していたらタイプの子も逃すことになる
脳は同じことを繰り返す傾向にあります。チャンスがやってきても逃してばかりいるとそれが癖になってしまいます。セックスだけじゃなく仕事でもなんでも共通しています。潜在意識が引き寄せたセックスのチャンスを顕在意識が「この子じゃない」と拒否すると人生の歯車が狂うことにつながりかねません。

②チャンスの神様は前髪しかない
チャンスが来たらすぐにつかまないとするっと逃げていくことのたとえです。もちろんセックスに限りません。ビジネスや人生の転機でも同じことが言えます。人は変化を恐れる傾向があります。慎重になることも必要ですが、チャンスを思い切ってつかむことも大事なことです。

②成功体験が次の成功を呼び込む
失敗から学ぶこともありますが、成功から学ぶ方が自信になります。小さな成功体験を続けることがビッグチャンスにつながります。

脳がセックスをするのが当たり前という意識になるとモテるようになる

-300x208 セックスチャンスを逃すな!断ると脳に癖がついてしまう
①セックスは経験がものをいう。
セックスそのものの経験値を上げることも必要ですが、そこにつながるまでのプロセスも大事なのです。どうやったら女の子を喜ばせることができるのかを成功経験としてインプットしましょう。

②女の子がそばにいること自然だと脳が意識する。
「彼女が欲しい」、「セックスがしたい」から「彼女がいる」「セックスした、数日後にも当然する」ということが当たり前になることがモテる脳を作ります。最初はタイプじゃない子でもセックスをしていればそのうちタイプのことに巡り合えます。セックスをせずに出会いを待つんじゃなく、セックスをしながらタイプの女の子との出会いを待つんです。まるでわらしべ長者です。

③常に男女のエネルギー交換ができているから人生が健全化する
セックスそのものそうですが、会話をしたり、手をつないだり、すべてが男女のエネルギー交換です。

一人の女性を喜ばせた経験は人生の宝になる

タイプじゃないから、関係がややこしくなったら、と考えるのはたいてい杞憂に終わります。それよりもお互いに気持ちのいいことをする方がいいと思いませんか?一人の女性を喜ばせた経験が次に生きてきます。人生は目の前の人を喜ばせることの連続ですから。母親でも姉妹でも身近な女性を喜ばせることに徹するのです。友達でも同僚でも男でも女でも周りの人を喜ばせることに徹すると人生がうまく回っていくことでしょう。