【大人の出会いノート】
セフレ

セフレのことを誰かに話したくなった時のおすすめの方法

-300x225 セフレのことを誰かに話したくなった時のおすすめの方法

セフレができて、セックスライフが楽しくて仕方ないという状況になった時、人は誰かに話したくなるものです。だけどそんなことをしたら周りとの関係が悪くなることは火を見るよりも明らかです。黙っておくのが得策であることは十分理解できても「王様の耳はロバの耳」じゃないけど言いたい気持ちを抑えられないのが人の性というもの。話したらまずいことになのは分かっているけど話さないとストレスが溜まってしまいます。そんなあなたにおすすめの方法を3つご紹介します。

 

スポンサードサーチ

身近なコミュニティではセフレを作らないことが鉄則

話す以前に身近なコミュニティではセフレを作らないことです。職場や学生時代からの友人、彼女や奥さんの友達なんてもってのほかです。最近始めた趣味の集まりもやめましょう。人の口に戸は立てられませんから。それぞれのコミュニティでの関係が悪化するだけでなく、彼女や奥さんの耳に入るのも時間の問題です。安全なのはナンパか出会い系など今までの人間関係とは一切関係ないところで作ることです。

基本的に人は話したい生き物

人は今夢中になっていること関心のあることについて誰かとシェアしたいものなのです。「最近見つけたパスタのおいしい店」「感動した映画の話」「スポーツの話題」「芸能ネタ」「天気や災害の話」など誰とでも気軽に話せる話題ならあいさつ代わりに口をついて出てきます。「学生のころから夢中になっていること」「今全身全霊で取り組んでいるプロジェクトの話題」なら常に話す仲間がいることでしょう。

セフレができたことを周りに話すのはマイナスしかない

親しい友人や仲のいい同僚にはついついセフレのことを話したくなります。だけどそれはやめた方が無難です。まずセフレに対していいイメージを持っている人が少ないということがあります。「あの人は彼氏や奥さんがいながらセフレがいる」と思われたら同僚や友達にいい印象を持たれなくなります。場合によっては仕事が回ってこなくなることさえあります。そこまでではなくても飲み会に誘われなくなるとか、女性から白い目で見られることも考えられます。「セフレが欲しい」と常々話している男友達がいたとしても話すのは慎重になった方がいいでしょう。うらやましさ、嫉妬心からよく思われなくなり、周りに変な噂を立てられるなんてことになりかねません。それが回りまわって知られたくない人、つまり彼女や奥さんの耳に届くまで時間はかからないでしょう。

おすすめ方法その1 日記を書くことで自分の気持ちを整理する

「にっきって…」と思うかもしれませんが結構役に立つのです。自分の頭の中にあることをアウトプットすることが重要なのです。メモだと誰かに見られたら困ったことになるのでスマホアプリの日記を使うのがおすすめです。ただ単に出来事を記すだけでもいいのですが、どうやって出会い、どこで食事をして、どんな話題で盛り上がり、どこのホテルへ行き、どんなセックスをしたのかなど書く項目を決めておき整理していけば、複数のセフレと混乱なく付き合って行くことができます。

おすすめ方法その2 ツイッターでつぶやくかブログにアップする

人に見てもらい評価してもらうことが活力になる人におすすめです。自分で見るだけのメモや日記では満足することができず、誰かに読んでもらいたい人にはこの方法です。150文字以内でつぶやきコメントが欲しいのか、もっと長い文章を書きたいのかによって選びましょう。後者はセフレづくりのノウハウをまとめてブログ収入を得ようとしている人にも向いています。

おすすめ方法その3 セフレを複数作ってそれぞれの人に話をする

恋人に近いような関係のセフレと他のセフレのことを話すのはご法度です。そこで関係が切れてしまいますから。そうではなく割り切った関係を複数の女性と持っている人ならお互いに情報交換になるのでおすすめです。どういう相手が望ましいのかなどを話すことで今後に生かすことができます。

まとめ

セフレのことを話す相手というのは同じ気持ちを持った人に限ります。話す相手もセフレが欲しい人。そして身近なコミュニティに属さない人。つまり共通の価値観を持っていてかつ安全地帯にいる人というわけです。