【大人の出会いノート】
オナ禁

オナ禁は健康や美容に効果的だが射精の寸止めは危険

-300x253 オナ禁は健康や美容に効果的だが射精の寸止めは危険

オナ禁についてはこのサイトでもそのメリットをたびたびご紹介しております。実際の経験談もちょっと調べればたくさん出てくるので取り組んでみる価値ありだと思います。ただしちょっとだけ気をつけてほしいことがあります。それは射精する寸前で止めることです。それはオナ禁に取り組んだもののどうしても我慢できずAVを見てしまったけど途中で思い直してオナニーを中断したときなどに起こります。途中と言ってもどの程度まで行ったら引き返さずに射精してしまった方がいいのか?その辺りの基準も含めてお話しします。

スポンサードサーチ

後輩と一度きりのセックスを泣かれて中断したときの悲惨な体験

-300x253 オナ禁は健康や美容に効果的だが射精の寸止めは危険

いきなりですが管理人の経験から聞いてください。仲の良かった後輩と電話で話しているうちにセックスしようということになりました。夜の12時前だったと思いますが待ち合わせてそのままホテルに行きセックスが始まったのです。前戯を終えてコンドームをつけて挿入したまではよかったのですが、腰を動かし始めた途端その子が泣き出したのです。今思えば多少情緒不安定な部分があったようですが、僕も気が弱かったためセックスを中止してしまいました。とりあえず最後までイッテから話をすればよかったと後悔しても後の祭りです。そのまま服を着て2時間たっぷりその子の話に付き合う羽目になったのです。ちゃんと家まで送り自宅に帰り着いたのは3時を過ぎていましたが、その間ずっと下腹部や玉の辺りが痛くて仕方なかったのです。帰って早速抜きましたが、痛みはしばらく取れません。翌日も違和感と睡眠不足で最悪な1日を過ごしました。

セックスしたのに射精できなかった経験はありますか?

-300x253 オナ禁は健康や美容に効果的だが射精の寸止めは危険

オナニーでもいいです。まさにこれから射精という段になって突然の来客に対応せざるを得ず、寸止め状態で2時間以上平気な顔をして過ごしたなどの経験はありますか?発射寸前でブレーキをかけているわけです。性的に興奮してあと少しで射精という時に精液は後部尿道というところで待機しています。それが射精されずに行き場を失うと逆行性射精という状態が起き体の中に戻ってしまうのです。精液は膀胱内で体内に吸収されるのでこれが直接体に害になるというわけではないですが、体にとって無理なことをしているので何度も繰り返すと血尿や頻尿の原因になってしまいます。だから射精を無理やり我慢するというのはやめた方がいいのです。

オナ禁を続けるにはどの時点で戻った方がいいのか

-300x253 オナ禁は健康や美容に効果的だが射精の寸止めは危険

オナニーをしないと決意したならAVや性的な刺激を受けるものを片っ端から排除すればいいのですが、なかなかそうはいかないのが人間の意志の弱さだと言えます。ダイエットや禁煙などでも言えることですが、3日から1週間ぐらいが我慢できるかどうかの一つの分かれ目になります。せっかく頑張ってきてもついつい手が出てしまうのです。禁断症状も出て一筋縄ではいきません。オナ禁しようと思っても3日目でAVに手が出てしまったとします。シコシコして射精寸前になったら出してしまいましょう。そして3日我慢できたことを自分で認めてまた始めればいいのです。今度は5日できるかもしれません。そしてまたやりたくなった時にAVのサイトを開く直前に回避できたらオナ禁を続けてください。やり方としてはついついAVを見てしまっても勃起する前とかちょっと勃起した後ぐらいまでなら良しとしてオナ禁を続けます。射精を10割として3割ぐらいまでなら先に進まず、5割を超えてしまってここで引き返すと睾丸や尿道が痛くなりそうなら射精してしまうのです。

わざと射精しないセックスもある

-300x253 オナ禁は健康や美容に効果的だが射精の寸止めは危険

オナニーにしてもセックスにしても射精するとテストステロンという男性ホルモンが体にたまりにくくなります。この男性ホルモンが体にたまることがオナ禁の大きなメリットであるわけです。これがたまることで男性としてのパワーがみなぎり女性にもてるようになるのです。体調も良くなり集中力もつくという報告が多数あります。そこでセックスにおける女性とのエネルギー交換に主眼を置き、射精をせずエネルギーの浪費を防ぐやり方というのが存在します。キスや愛撫をたっぷりして挿入もするのですが射精はしません。射精を目的にセックスしている人には信じられないやり方かもしれませんが実際にこういうセックスを楽しむ人たちが存在するのです。そのやり方について今回は詳しく触れませんが、射精の寸前までイッテそれを我慢するというやり方ではありません。前戯の段階からあまり興奮しないようにしてただ触れ合う幸せを感じるのです。性的な興奮ではなく安らぎを得るように抱き合います。勃起はしますがギンギンに立つという感じでなく、挿入に支障がない程度に立たせるのです。挿入後も激しいピストン運動は行いません。つながったまま寝てしまうぐらいゆっくりと愛し合うのです。だから射精の寸前まで行くということはなく先ほどのオナニーの例でいうと3割ぐらいまでのところで引き返す感じです。

まとめ

-300x253 オナ禁は健康や美容に効果的だが射精の寸止めは危険

オナ禁メリットは色々あるし、それを享受するために取り組む価値はあります。だけど慣れるまでは我慢が必要であり、いきなり1週間、10日間と続けるのはハードルが高いかもしれません。そこで3日、5日、1週間と徐々に伸ばしていけばいいのですが、我慢するか射精してしまうかの判断は寸前まで行ったら出してしまうことです。寸前まで行きそうになったらイッテしまいましょう。寸前の手前でストップできるなら我慢のしどころだということです。