【大人の出会いノート】
彼女を作る

ブサメンだから彼女ができないとあきらめる前にできること

-300x200 ブサメンだから彼女ができないとあきらめる前にできること

顔がブサイクだから彼女ができないと思っていませんか?自分がモテないのはこんな顔に産んだ親のせいだと恨んでいませんか?イケメンは確かにモテます。だけど顔がいいことはモテることの一つの要素に過ぎないのです。一つの要素に過ぎないのにイケメンがモテるのは「俺はモテる」と信じることによって他のモテる要素を次々と自分の中に取り入れるのでますますモテる男に成長するからなのです。ではブサメンがモテるためにはどうすればいいのでしょうか。それはモテる男の要素を自分の中に取り入れることです。幼少期に「自分はブサメンだからもてない」と思い込んだ時から、ほかの「モテる要素」を取り入れることを拒否してきたわけです。拒否することを一切やめモテるためにできることを全面的に取り入れましょう。

スポンサードサーチ

顔は変えられないけど顔つきは変えられる

-300x200 ブサメンだから彼女ができないとあきらめる前にできること

自分はブサメンでモテないと思い込んでいるので、モテない要素を次々に自分の中に取り入れることが癖になっています。女性との接し方も自分では気づかないうちにモテなくなるように振舞っているのです。ではまずモテない元凶だと決めつけているあなたの顔にメスを入れます。まずは眉毛を整えましょう。おしゃれに疎い人生を送ってきたので眉を整えるなんて聞いたこともないかもしれません。モテる自分になる努力をしている人は当然のごとく眉毛を整えています。モテないよう振舞ってきたあなたの眉毛は伸びきって両眉がつながっているかもしれません。これをカットします。長すぎる眉毛も切ります。アマゾンではまゆカットシェーバーなる便利なものだって売っているのです。あるいは美容院に行って眉カットをしてもらってもいいでしょう。どんな眉が自分の顔に合うのかを美容師さんに聞くのも一つの手ですよ。

次はやっぱり髪形

-300x200 ブサメンだから彼女ができないとあきらめる前にできること

モテない男を演じている場合、髪形への関心はほとんどありません。ボサボサで寝ぐせがついているのではありませんか? モテない要素の一つを見事に実践していますね。すぐに美容院に行ってカットしてもらいましょう。散髪屋ではなく美容院です。なぜってその方がおしゃれだから。パーマやカラーをしてイメージを変えるのも一つです。どんな髪形が似合うのか相談してみるのもいいですね。

整容を習慣づける

眉を整え、髪形を変えたら毎日の整容です。寝ぐせはご法度。ワックスをつけるとか毎日の手入れに必要なことは美容師さんに聞きましょう。ひげはちゃんと剃って鼻毛も切ります。先ほど紹介した眉カットシェーバーには鼻毛カッターがついています。

清潔感のある身だしなみ

服のしわやシミはいけません。口臭や体臭にも気をつけましょう。ちゃんとお風呂に入ったりシャワーを浴びたりして清潔にします。爪切りも忘れずにしてください。食後には歯磨きをしましょう。お昼ご飯の後も磨けるよう歯ブラシを携帯してください。

服装に気を遣う

いきなりおしゃれをするというのはハードルが高いです。モテない自分を演じてきた人はおしゃれからも目を背けてきたはずですから。「ブサメン=もてない」を現実化するためにほかのモテる要素も意識的、無意識的に排除してきたのです。おしゃれになってモテてしまい方程式が崩れることをどこかで恐れてきた自分がいるはずです。おしゃれに関心がなくモテない自分は過去のものにしましょう。自分に合う服を選ぶためにこんなサービスもあります。


-300x200 ブサメンだから彼女ができないとあきらめる前にできること

-300x200 ブサメンだから彼女ができないとあきらめる前にできること

まずは自分の体形に合ったシンプルなデザインのものを着てみよう

ファッション誌を読み、友達に買い物をつき合ってもらうのもいいでしょう。あなたがモテる男になるためのおしゃれプロジェクトに友達を巻き込むのです。その時は必ずおしゃれな友達を選んでください。間違っても自分と同じようにブサメンだからもてないと思い込んでいる人を選ばないでください。類は友を呼ぶんです。愚痴を言い合っているモテない友達とは別の友達に頼まなければいけません。ちょっとハードルが高いかもしれませんが女友達や友達の彼女にも来てもらい、予算(最低でも1~2万円)を伝えてコーディネートをすべて任せてみましょう。これを季節ごとに行い、1年かけて今持っている服を全部入れ替えてしまいます。ここまでできればあなたの見た目はかなり改善されます。顔は変わらないのに顔つきや雰囲気はずいぶん違って見えるはずです。

コミュニケーション能力をつける

これもいきなり難しいことをする必要はありません。今までより少し相手の目を見ることを意識するだけで相手との関係性が変わります。相手の話にうなずいたり、「あっ、そうだね」「俺もそう思う」と共感したり、話のペースを合わせることで相手は「自分の話を聴いてもらってる」と実感するものです。今まで「自分はモテない」という前提で人と関わっていたので相手の話をあまり真剣に聴こうとしなかったかもしれません。おしゃれに関心がなかったから女の子の服やおしゃれにも気持ちが向かなかったことでしょう。自分の髪形、眉カット、身だしなみ、服装に対する意識が変わると女の子や身の回りの人のおしゃれにも興味が出てきます。努力して相手の服装をほめようとしなくても自然にほめ言葉やおしゃれに関するコメントが出てくるので言われた女の子もうれしくなるし会話が自然に弾むようになります。今までの人生で全く関心のなかったおしゃれに関して女の子と会話が広がるのです。もしかしたらあなたの人生にとっては画期的な出来事かもしれません。「女の子とどうやって話せばいいのか?」と悩んでいたのがウソのように自分の内側から出てきた好奇心から話している自分に気づくことでしょう。

 

自分に自信をつける

-300x200 ブサメンだから彼女ができないとあきらめる前にできること

学業や仕事を頑張りましょう。「どうせ俺なんて…」という姿勢ではうまくいきません。自分の見た目について努力次第で何とでもなることを実感できれば勉強や仕事にも身が入ってくるでしょう。人生の目標のようなものが見つかれば生き生きとしてくるので人間関係が変わります。そうなれば彼女ができる日も近づきます。筋トレをはじめるのもお勧めです。3か月も続けると体つきが変わってくるので体力も自信もついてくるでしょう。趣味でもなんでもいいので打ち込めるものがあればそれもいいことです。そこに女性との出会いがあればバッチリですね。自信のなさは女性を不安にさせます。「ブサイクだからモテない」は言い訳です。「俺はモテるんだ」という意識で過ごしましょう。自信の根拠は何でもいいのです。自分の見た目の変化、学業や仕事、趣味などで得た自信、ちょっとした関わりの工夫で生まれた女の子との会話が楽しかったという経験、これらがすべて自信になります。決して自虐的にふるまってはいけません。ブサメンすら間違った思い込みだったかもしれないのです。確かにイケメンではないかもしれない。それは事実かもしれない。だけどそれはあなたを構成する一つの要素に過ぎないのです。イケメンであっても服装がだらしなかったり、髪の毛がボサボサだったり、清潔感がなくいつも悲観的なことばかり言ってたら決してモテません。せっかく持って生まれたイケメンが台無しになります。イケメンがモテるのは「俺はイケメンだからもてる」と自信をつけたのでモテる要素を次々引き寄せて自分のものにしたからなのです。イケメンとブサメンでは確かに最初の部分でのハンディはあるかもしれないです。繰り返しになりますが、それは一つの要素に過ぎないということに気づいてそれ以外の要素を身に着けるように努力すればきっと彼女ができるようになるし、人生もいろいろな面で好転してくるはずです。あきらめてはいけません。

出会いの場を増やす

-300x200 ブサメンだから彼女ができないとあきらめる前にできること

ここまで紹介したことを実践すればすでに彼女ができる可能性がぐっと高まります。あとは場数を経験することです。友達の紹介でもなんでもいいのです。「数打てば当たる」は本当です。失敗するかもしれません。ふられて傷つくこともあるでしょう。そのたびにトライ&エラーです。何か足りないことがあるなら改善しましょう。友達に恋愛相談をしましょう。「俺なんて…」と愚痴っていたころとは違います。「こんな子に出会って、こういう風に告白したけどうまくいかなかったんだ」と具体的に話せば友達もアドバイスのしがいがあるというものです。出会いの場を増やすために女性にアプローチをする機会が圧倒的にあるのがマッチングアプリです。登録は簡単にできます。