【大人の出会いノート】
デート

告白は場所やタイミングより誠実さが大事!素直に伝えよう

-300x200 告白は場所やタイミングより誠実さが大事!素直に伝えよう

お目当ての彼女に告白するのは緊張しますか?いつどのタイミングで告白するのか悩んでいる時間はもったいないですよ。3回デートする時点で答えはほぼYESと考えて大丈夫だから勇気を出して告白しましょう。先延ばしにしたら「はっきりしない人」だと思われてしまいます。いつまでも煮え切らない態度をとっているから振られてしまうのです。告白を先延ばしにしていいことはありません。タイミングとか場所、告白の言葉とかも大事だけど最重要事項ではないです。要するに告白するかどうかです。彼女に対しても自分自身に対しても誠実であれば告白して後悔することはないでしょう。ダメならダメで次に行けばいいだけのことです。告白するかしないかで悩むのは時間の無駄なので、さっさと告白して次に進みましょう。

スポンサードサーチ

告白前から答えはほとんど決まっている

-300x200 告白は場所やタイミングより誠実さが大事!素直に伝えよう

まずデートの誘いにのってくる時点で、あなたに好感を持っていることは確かです。はじめから嫌な相手ならデートすらできませんから。最初のデートが楽しくなかったり、会話が弾まなかったら2度目はありません。これは反対の立場に立ってみても同じことが言えます。「かわいい子だな」とか「デートしてみたい」と思わない相手とデートをすることはまずないでしょう。相手が強引で仕方なくデートに応じたとしても1回目のデートがつまらなかったり、相手の嫌な面が見えてしまったりしたら2回目のデートをしようとは思わないでしょう。初めてのデートではお互いの趣味や好きなこと、普段どんなことをしているのかなどを話すでしょう。おおよその人となりを知ることができるし、話していて楽しいかどうか、話しやすいかどうかなどをチェックすることができます。カフェやレストランに行けば食事の仕方や店員さんへの態度を見ることだってできます。もともと友達同士でお互いのことを知っているなら初めて二人きりで過ごすことで新たな発見があることでしょう。この時点で自分が本当にワクワクしているか、次もこの人とデートしたいかどうか、胸に手を当てればすぐに答えは出てきます。1回目だけだとよくわからないから2回目もデートしてみようと思うことはあります。それでも実際にデートに出かけているわけですからかなり前進していることは確かです。デートの後にはメールやLINE、あるいは電話で話すでしょう。そのコミュニケーションも含めて楽しくなければ次はありません。ですから「3回もデートするということは告白されるのを待っている」と言っても過言ではありません。2週間ぐらいの間に3回デートして、それが楽しかったなら彼女は告白を待っている可能性がとても高いと言えます。

OKをもらうための告白場所選び

-300x200 告白は場所やタイミングより誠実さが大事!素直に伝えよう

3回もデートをしたらお互いのことをかなり理解できて来たのではないでしょうか?友達として付き合って行くことを望んでいるならそれでもいいですが、お互いに恋人がほしい状態ならここで告白しない手はありません。彼女が喜びそうなシチュエーションを考えてばちっと決めましょう。と言ってもあんまり凝ったことをする必要はありません。まだ付き合っていないのですから。つき合うことになれば誕生日やクリスマスなど彼女を喜ばせる機会はたくさんありますからあわてないでください。それでも彼女を喜ばせたいなら花1輪とかちょっとした小物を用意すれば十分です。告白する場所はロマンティックなところを選びたいところですが、二人きりになれる落ち着いたところならどこでもいいです。二人で座れるベンチのある公園とか、ちょっと景色のいいところならバッチリですね。周りに人がいても話を聞かれない程度の距離があればOKです。恋人たちが等間隔で座る河川敷なんかもよさそうですね。すでにドライブデートを楽しむ中になっているなら帰りに景色のいい場所で車を停めてというのもありです。周りに人がいるお店とか、商店街とか、トイレの前とか非常識な場所じゃなければ、普通に落ち着いた場所を選べば問題ありません。

彼女が返事をしやすい告白のタイミングは

3回のデートとその間のメールやLINE、電話などがいい感じなら彼女も告白を待っています。タイミングは特に計らなくてもデートの途中に会話の中で何となく告白することもあるでしょう。あえてタイミングを計るならデートの帰り道などでしょうか?「今日はありがとう楽しかったよ」と伝えて、彼女が「私も」と答えた後に真剣な顔をして「○○さんのことが好きになりました。僕と付き合ってください」等シンプルに伝えたらきっといい返事がもらえるのではないでしょうか?女性は「告白の言葉」を待っている場合があります。誠実にきっちりと伝えてください。言葉の内容よりあなたの態度、気持ちがはっきりと伝わることが大事です。

断りやすい状況を作ってあげるのも優しさ

OKがもらえるかどうかはだいたい分かるものですが、いい感じでデートをしていても断られる場合だってあります。友達として付き合って行きたいと思っていたり、複数の人とデートをして一人を選ぼうとしていたりの場合がこれにあたります。こんなに楽しそうにデートできたのに「なんで?」って言いたくなるけど、彼女の立場に立ってみたら理解できます。彼氏がほしいから恋活をしてあなたは彼氏候補の一人だったのです。候補だから大切にするし、デートの時間を楽しもうとします。実際デートが楽しかったから3回も続いたのです。あなたも彼女もお互い楽しい時間を過ごすことができたなら、告白したことも含めて2人で過ごしたその時間は無駄にならないどころかあなたにとってこれからの糧になります。誠意をもって告白したら彼女も誠意をもって答えてくれるはずです。その答えがNOならちゃんと理由も答えてくれるでしょう。実は別の人ともデートしていて「その人と付き合うことにしました。あなたはとっても素敵な人だけど○○の点でもう一人の人にしました」等、教えてくれたら次に生かすことができます。告白して断られたらショックだけど次に進むことができます。告白しようかしまいか迷っていたらその間にほかの男に取られるかもしれません。告白したら必ず「告白した」という事実が手に入ります。これが次へのステップになるのです。次への確かなステップにするためにもはっきりとした態度で告白することが大事です。煮え切らない態度であいまいな告白なら彼女も不安になります。つき合うにしても断られて次に進むにしてもはっきりとした口調で誠実に相手への思いやりをもって告白しましょう。そしてうまくいってもいかなくても相手への感謝の気持ちを言葉にしてください。